カードローンの様々な疑問をここで解決

カードローンって一体何?

CMなどでも多く放映され、最近よく耳にすることのある「カードローン」という言葉。
ローンって名前からもお金を借りるってことはわかります。
しかし、一体他のローンとは何が違うのでしょうか?
その部分を解説します。
カードローンとは、一般的には銀行等が行う無担保・無保証での個人向けの小口融資の事を指します。
性質的には消費者金融の行う、キャッシングとほぼ同じと考えて間違いありません。
通常の銀行のローンのように審査に何週間もかかったり、担保や保証人を要求されないという部分が、通常の銀行の
ローンとの大きな違いです。
かつてはリスクが大きいことから、消費者金融のみが行なっていた、無担保・無保証の個人向け融資に銀行が目をつけ、行なっているのがカードローンです。
しかしながら、リスクが大きい無担保無保証の貸付を、ノウハウを有していない銀行がいきなり取り扱うことは実質不可能なため、表向きは銀行の商品としてカードローンを打ち出していますが、保証会社として無担保・無保証の個人向け貸付のノウハウを有している、消費者金融やカード会社がバックにつき審査を行なっているのが実情です。
つまり、リスクを極力減らしながらも、収益の見込める個人向けの貸付を行なっていきたい銀行側と、現在の顧客層よりも
いい客層を獲得していきたい、少しでも利益を増やしていきたという消費者金融の思惑がうまくマッチした商品がカードローンなのです。
かつては、銀行のカードローンと消費者金融の商品は金利差という大きな差がありましたが、現在では法改正による上限金利の変更で、その金利差は極僅かなものとなっています。