カードローンの様々な疑問をここで解決

キャッシングとの違い

カードローンとキャッシングは何が違うのか?
銀行の提供する小口融資をカードローンというのに対して、キャッシングは一般的に消費者金融の提供する消費者向け小口融資をいう場合が多い。
つまり、カードローンとキャッシングの大きな違いの一つは、その小口融資を提供する会社の違いといえます。
銀行等の提供する無担保・無保証の小口融資が「カードローン」、消費者金融の提供する無担保・無保証の小口融資が「キャッシング」という感じです。
提供する会社が違うことによって、その他にも違いはあります。
カードローンは基本的には、利息は月極、返済も毎月の引き落としといったパターンが大半ですが、キャッシングの場合は
返済日は決まっているものの、それ以前の返済も可能で、借りた日数だけの利息というのが一般的です。
つまり短期間だけ借入するのであれば、金利が少し高くてもキャッシングの方が有利というケースは少なくありません。
また、名称の元になっているように「カードローン」は、カードを使用してATM等から借入するスタイルがメインです。